ようこそふしぎのはこへ このサイトではリアル脱出ゲームの感想や考察を取り上げます。微バレもあるのでご注意を
アクセスカウンター

監獄アルバトロスからの脱出のおもひで

こんにちはーナナシBOXです!

今日紹介する脱出ゲームは

監獄アルバトロスからの脱出

です!!

f:id:blightlight_100:20180624170558j:image

 

4人1組

制限時間60分

のこちらの公演のストーリーは、

監獄アルバトロスーー 世界の名だたる犯罪者たちも震えあがるその場所に あなたは捕らえられてしまった。
悪党がひしめく檻の中に閉じ込められ まもなくあなたは処刑されてしまう!
生き残る鍵は、壁に書き記された不思議な暗号文。
看守の目を盗み、脱獄をくわだてる囚人たち。
刻一刻とせまるタイムリミット。
あなたは仲間と共に監獄アルバトロスに隠された秘密を暴き出し 脱獄することが出来るか?
今回の舞台は、狭い檻が立ち並ぶ巨大な監獄。 4人の囚人が1つの檻の中に本当に閉じ込められてしまう!
仲間と知恵を絞り、この監獄から脱獄せよ!!

 

前も言ったんですけど、

監獄とか刑務所と脱出ゲームって相性抜群だと思うんですよ、

ただちょっとうーん、、、なんだろ

少しやりにくいなっていうのが全体の感想でした。 何がやりにくかったかっていうのは最後に説明しますね

 

_________________________

             面白かった所

_________________________

  • 4人1組なとこ

通常の公演では、6人だとか10人だとかなかなか身内で固めるのは難しい人数ですが今回は4人なので身内を揃えやすいです。

私も仲のいい友達3人といってきました

  • ホール型だけどアジト型でもある

会場は大規模なホールで何十ものチームが一斉に取り組みますが、各チームにきちんと牢屋が振り分けられ、一応密室という体があります。

  • 謎解きも探索も十分楽しめる

ホール型なので謎解き要素多めと思いきや、探索要素も多く、私のような探索好きにも楽しめました!

 

 

 

_________________________

       楽しめなかったこと

_________________________

  • ホールとアジトを兼ね備えている点が裏目に出てる

会場が広いホールだとしても、チームごとに牢獄を割り当てていると一つ一つの牢屋のサイズは小さくなってしまいます。正直4人で使うには狭かったです。おまけに会場全体が暗く、いろいろとルール上制限があったので少し探索の際不自由さを感じました。

もともと密室をテーマにしたものだから、むしろこういう形が正しいのかもしれないですけど、動きやすさはほしかったですね😢

 

 

 

 

まあいろいろ文句垂れましたが結局内容自体は面白いので是非機会があれば行ってみてください😎😎

 

今日も最後まで見ていただきありがとうございます!